「健康」って何だろう? ~ドイツで栄養アドバイザー~

ドイツで栄養学を学んだ筆者が、ホリスティックな視点から、食事・健康・心の関係について考察していきます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痛い想いをしてから本気になる!?


体と栄養について学んで栄養アドバイザーとなり、
心と潜在意識について学んでヒプノセラピストとなり、

クライアントさんへのカウンセリングや
自分自身・友人・家族などの症例などを通して、
ホリスティックな角度から健康について考察する日々。



カラーを勉強して以来、
人の着ている服の色・デザインとその人がマッチしているかを
自動的に観察する癖がついてしまったように、


健康について学び始めてからというもの、
人の食生活や嗜好、生活習慣、心の持ち方(想いグセ)などを
ついつい頭にインプットしてしまう自分がいます。


そんな時、
「あ~、このままコレを続けていくと病気になっちゃうのでは?」
とか、

「今のうちから、こうすると予防になるんじゃないかな?」
とか、

「その症状、ここを少し改善したらよくなると思うんだけどな~」
とか、

心の中で思ってしまうことがあります。

(それが良いとか悪いとか判断しているのではありません。
なので、お友達~!私と一緒でも気にしないでね♪お願い☆)




これは、私自身が病気で苦しんだ体験もあり、
周りの人がそうなる前に治ってほしい、
という気持ちから起こる感情でもあります。


実際、そういう話題になることもありますが、
体によくない生活をしているということを
どこかで分かっていても、

・今はどこにも異常はない
・忙しい毎日で、そこまでやってられない
・分かっちゃいても、食い気にゃ勝てない
・とりあえず薬飲んじゃえば不快感が消える、するとどっちでもよくなる
・もし病気になったとしてもお医者さんが治してくれるし、実際治った人を知っている。
・細かい事気にしてるほうが病気になる
・分かっているのに、どうしても変えられない
・それほど大した問題ではないと思う
・いつかやろうと思う
・楽しくおいしく生きることが一番大切


など、それぞれの事情や想いがあるようです。


こんな時、
そうなる前になんとかしたくなっちゃう私。

病気へ向かって行くかのような人(心の持ち方も含め)を目の当たりにして
知識だけでは何もできない自分にジレンマを感じることがあります。


・・・でもね。

自分の事は自分でしか変えられない


これは、ほんとにそうなんです。
周りが何か言ってもダメ
(奥様が旦那様のことを心配して相談というケースも然りなの)

人は、痛い想い・苦しい想いをして、はじめて
「これは何とかしなければ」
と本気になるのかもしれません。


かくいう私も、人のことは言えないんです。
私も、病気になる前は自分の生活を見直すこともなく、
病気になって苦しんで、やっと本気になったのです。


そう。
否定からポジティブなものは生まれないと思う。


だから、私は、
私を必要としてくれているクライアントさんへ
優しく寄り添い、
私にできる事を精一杯お手伝いさせていただきたい。


痛い想いをしてからでもいい。

本当はその前に自分の体をいたわってあげてほしいけど、
「病は体からのメッセージ」ということに気付いたら
いつでも遅すぎるということはないと思います。


「本気」になったら・・・
いつでも私はここにいます。
一緒に、楽しみながらがんばりましょう!






関連記事

Comment

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

クルーファー 美保

Author:クルーファー 美保
こんにちは!
ドイツにて栄養アドバイザーをしています。
~体の中では何が起こってるの?~
~では、どうやって自分の体と付き合っていけばいいの?~

自身の不調・疾病を通して、「病」「体」「心」を知るにはホリスティックな視点を持つ事が大切だと気付き、日々学んでいます。

Holistic Health Germany 取締役
Benedict Verum Japan 代表
ドイツParacelsus認定 ホリスティック栄養アドバイザー
米国催眠療法協会認定 ヒプノセラピスト
レイキプラクティショナー
ドイツ在住。二児の母。

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Follow me!! Twitter

アクセス数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。