「健康」って何だろう? ~ドイツで栄養アドバイザー~

ドイツで栄養学を学んだ筆者が、ホリスティックな視点から、食事・健康・心の関係について考察していきます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜間減乳☆ これにてひとまず。。。


夜中の頻繁な授乳を減らしたいと
始めた我が家の夜間減乳作戦。

気付けばもう1カ月半くらい経ってるような・・・??


これ、誤解のないよう付け加えさせていただくと

夜間のおっぱいの回数を減らしたい」のです。

家族みんながハッピーになるためにも
夜間1、2時間おきのおしゃぶり替わりの授乳間隔をあけたい。

もちろん日中は普通に授乳しています。

「もう断乳したいの?」
と勘違いする方もいましたので、念のため。。。

間違っても、むやみに抱っこしないとか、空腹の赤ちゃんにおっぱいを与えない
などということではありませんから~!!!

ま、あわよくば夜間のみ断乳できたらそれはうれしい。。。


さてさて、そこで、「あーでもない」、「こーでもない」、
と試行錯誤の毎日ですが、

結論としては

夜間減乳は・・・成功したかな。

夜間断乳は・・・うーん、まだみたい。 (2回くらい奇跡は起きた)


ま、1、2時間おきに目を覚ましておっぱいを欲しがっていた頃と比べたら
随分よくなったと思うし、娘も(夫も!!)よくがんばってくれています。

参考までに 最近のペースとしては
だいたい夜20~21時ごろ就寝、0時から2時くらいの間に授乳、
そして朝5~6時くらいに授乳して起床、

授乳と授乳の間には1回くらい目を覚まし
背中をトントンしたりしてまた眠らせる、というような感じです。


今は 私と夫と交代で別の部屋で寝ていますが
私と一緒のときは、よく起きるような。。。

もう娘は ”どの顔のどの部分におっぱい飲み物&おしゃぶりがあるのか
ようく分かっているから、私のタートルネックが伸びちゃった。

幸せそうにおっぱいを飲んでいる我が子を見ると
「どうぞどうぞ~!今だけだもんね~!」
という気持ちになる。私も幸せをもらえる。


ま、とりあえず
夜間減乳作戦は成功したということにしよう


参考にしている本を元に気付いた事についても書きたかったけど
それはまた次回に~☆



関連記事

Comment

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

クルーファー 美保

Author:クルーファー 美保
こんにちは!
ドイツにて栄養アドバイザーをしています。
~体の中では何が起こってるの?~
~では、どうやって自分の体と付き合っていけばいいの?~

自身の不調・疾病を通して、「病」「体」「心」を知るにはホリスティックな視点を持つ事が大切だと気付き、日々学んでいます。

Holistic Health Germany 取締役
Benedict Verum Japan 代表
ドイツParacelsus認定 ホリスティック栄養アドバイザー
米国催眠療法協会認定 ヒプノセラピスト
レイキプラクティショナー
ドイツ在住。二児の母。

最新記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Follow me!! Twitter

アクセス数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。