「健康」って何だろう? ~ドイツで栄養アドバイザー~

ドイツで栄養学を学んだ筆者が、ホリスティックな視点から、食事・健康・心の関係について考察していきます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜間減乳計画 その後


前回 書いた夜間減乳(→断乳)計画

その後 どうなっているかと言うと。。。

あまりぱっとしません。


ちょっと なぁなぁにやりすぎたかな、と思っています。

娘も私も風邪を引いてしまったり
歯ぐずりがひどかったり という理由もあるけど

上の子の登下校時間や宿題時間だの
自分の寝不足だの その他予定との兼ね合い などといっては

「今日は例外でいいや」の日を作りすぎっ!!


「今日は例外」と言っては、

午前・午後のお昼寝を昼と夕方にずらして
一日のスケジュールを乱してしまったり

お昼寝の前には おっぱいをあげながら寝かしつけてしまったり
(せっかく夜に夫が おっぱいなしでがんばって寝かしつけてくれているのに!)

夫の出張中に娘を私の横へ寝かせて
夜中にぐずったらおっぱいをくわえさせてしまったり。。。


あぁ、こう書いていくと一目瞭然。

・・・そうです。ワタクシが悪いのでございます



別室で、私とは離れることで 一旦は長く眠るようになった娘。
そこで 先週末から同室で 娘はベビーベッドで寝始めました。
(今までは 私と夫の間に寝ていた)

夜中にぐずるとベッドから出してあやすけど
おっぱいはすぐにはあげない。(2,3時間おきくらいだったかな)

学校のある上の息子が 泣き声で起きやしないかとハラハラ

さらには 夫の出張で
(夜中にベビーベッドから娘を出すのが面倒な私は)
娘をすぐ横に寝かせてしまいました。

するとその夜は30分おきに目を覚まし、途端に大声で泣く!!
私ゃ 眠りたくて おっぱいをすぐあげてしまう。

・・・そんなこんなで これまで築いたペースを壊してしまいました。


そして 今週末は また最初からやり直し。

またまた夫と娘は別室で眠り 夜中に何度か目を覚ましても
パパはがんばって寝かしつけ おっぱいは3,4時間おきに夫が連れてくる。
おっぱいとおっぱいの間も 結構長いことぐずっているのが聞こえます。
(パパ様様です。。。)

娘はお腹が減っておっぱいを欲しがってるのではないから
やっぱり ここは・・・母こそが がんばって、

「おっぱいは お腹のすいた時や決まった時間にあげるよ。」
「寝入るときは おっぱいでなく 抱っこするからね。」
「眠っているときに目が覚めたら 抱っこや背中トントンするね。」

・・・という姿勢を示し それを守るようにしたほうがいいんだろうな。


ちなみに 前回の記事で紹介した本によると

おっぱいや抱っこで寝かしつけないことや(寝入る前におっぱいをはずすらしいです)
お昼寝の合計時間の目安などが
一日のスケジュールとともに(月齢ごとに)勧められています。


明日から また頑張ってみます





関連記事

Comment

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

クルーファー 美保

Author:クルーファー 美保
こんにちは!
ドイツにて栄養アドバイザーをしています。
~体の中では何が起こってるの?~
~では、どうやって自分の体と付き合っていけばいいの?~

自身の不調・疾病を通して、「病」「体」「心」を知るにはホリスティックな視点を持つ事が大切だと気付き、日々学んでいます。

Holistic Health Germany 取締役
Benedict Verum Japan 代表
ドイツParacelsus認定 ホリスティック栄養アドバイザー
米国催眠療法協会認定 ヒプノセラピスト
レイキプラクティショナー
ドイツ在住。二児の母。

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Follow me!! Twitter

アクセス数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。