「健康」って何だろう? ~ドイツで栄養アドバイザー~

ドイツで栄養学を学んだ筆者が、ホリスティックな視点から、食事・健康・心の関係について考察していきます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回栄養セミナー終了!!

先日の日曜、 第2回栄養セミナー「脂肪について」 が終了しました
*今回は写真がありません・・・ごめんなさい。

日本での大震災の後、それぞれみなさんご家族を心配されたり、
旅行中になんとか日本から戻られたりという状況下、
時間を作ってお越しいただき、感謝しています。

当日は晴天で、いつものカフェも外の席を利用する人が多く、2階席はとても静か
落ち着いた雰囲気の中、進めさせていただくことができました。



「脂肪」というと、
肥満生活習慣病、最悪は死へ繋がる疾患など

何かと悪いイメージもありますが、
体にとって必要な栄養素でもあります。

とはいえ、現代食では過剰に摂られていることのほうが圧倒的に多く、
その質も体にとってよくないものに偏りがちです。


そのため今回のセミナーでは
「脂肪の種類・性質を知った上で脂質の摂り方をコントロールできるように」と、

飽和・不飽和脂肪酸、オメガ9・6・3のうち

-どの脂質がどのような食品にあたるのか

-どのくらい・どうやって食べたらいいのか

-酸化しやすい油の取り扱い方や加熱調理に適する油

-脂質をどんなバランスで摂ったらいいのか

などを、具体的に理解していただけるように努めました。


また、宣伝文句に惑わされず、ご自分の知識と目で判断するために

最近よく耳にするオメガ3が健康に良いのは何故なのか、
オメガ3の油を加熱してはいけない理由、
実際に栄養価表を確認してから買い求める事、

また、不自然な油と言われるマーガリンやその他の植物性油脂の危険性
などについても触れさせていただきました。

少しでも今後の食生活の指標になれたらならうれしく思います



さて第3回は「ダイエット・健康のために。もっと知ろう”カロリー”」と題し

ダイエットおよび健康的な食事のために知っておきたいカロリーや代謝について、
また、太りにくい体づくりやダイエットの正しい知識など、

痩せるためだけではなく、より健康に近づくための食事・体づくりについて
お伝えしたいと思っています。

第1,2回と理論が多めでしたが、
次回はダイエット(健康のための食事)についての
実践的な内容の比重が大きくなるかと思います。


次回の日程は4月10日(日)13時~です。
こちら第3回は中止となりました。申し訳ございません。

開催の2週間前までにお申込みが4名に満たない場合は中止となります。
ご希望の方は、どうぞ今週中3月27日までにお申し込みをお願いいたします。

お申込みが最小人員上に達しましたので、開催決定となりました!
現在お申し込み受付けております!!!



セミナー詳細はコチラをご覧ください。
お問合せはメールフォームよりお気軽にどうぞ。


*終了しました第1・2回のセミナーについては
出張およびプライベートセミナーもお受けしています。
どうぞお気軽にメールフォームよりご相談ください。
(4月までとなりますのでご相談はお早目に♪)


最後になりましたが、
今回の震災で被災された方々に一日も早く平安が訪れますよう、
心よりお祈り申し上げます。



関連記事

Comment

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

クルーファー 美保

Author:クルーファー 美保
こんにちは!
ドイツにて栄養アドバイザーをしています。
~体の中では何が起こってるの?~
~では、どうやって自分の体と付き合っていけばいいの?~

自身の不調・疾病を通して、「病」「体」「心」を知るにはホリスティックな視点を持つ事が大切だと気付き、日々学んでいます。

Holistic Health Germany 取締役
Benedict Verum Japan 代表
ドイツParacelsus認定 ホリスティック栄養アドバイザー
米国催眠療法協会認定 ヒプノセラピスト
レイキプラクティショナー
ドイツ在住。二児の母。

最新記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Follow me!! Twitter

アクセス数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。