「健康」って何だろう? ~ドイツで栄養アドバイザー~

ドイツで栄養学を学んだ筆者が、ホリスティックな視点から、食事・健康・心の関係について考察していきます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退行催眠を学んできました


夏の日本帰省中

ヒプノセラピー年齢退行の講座を受講してきました。


その名も

年齢退行療法プロフェッショナルコース


年齢退行療法とは

催眠状態で、今現在抱えている問題・兆候・状況などの
原因となった過去の記憶・イメージへさかのぼり
想起・追体験・振り返りを行うプロセスをとおして
その問題の軽減・解消につなげる療法です。
(参照:日本ホリスティックアカデミー)


一言でいうなら
トラウマ解消のための療法


私は、ずっとこの講座を受けたかった。

なぜかというと、

栄養カウンセリングで、
クライアントさんと食習慣のお話をしているだけでも、

もう、ほとんどの方が

多かれ少なかれ、大なり小なり

なにかしらのトラウマ(心の傷)を抱えてらっしゃる。


本当の意味でのホリスティックな健康に近づくために、

そこにアプローチできるスキルを磨きたい、

深く、そう感じていたからです。


思い込みや行動パターンが
幼少期の何気ない出来事がきっかけで無意識に留まり、

今現在の自分自身にどれだけ影響を与えてしまっているのか
ということを知らずに、

ひとりきりでずっとその傷を抱え、苦しみ、戦っている方の
なんと多いことか・・・

だから、今回の受講は、どうしても、どーしても
と強く強く望んだ結果だったのです。


しかし!!

蓋を開けてみたらあら不思議!?

・・・私自身がたくさん癒されてしまいました。

それも、ここへ来た理由のひとつだったのだ
と分かりました。


退行催眠の様々な手法を学ぶための練習で

5日間のコース中、最後の3日は

一日中催眠に出たり入ったりの繰り返し。

その中で、幼少時代から人生の方向性に至るまで、

自分を実験台に、たっくさんの癒しと気付きがありました。

これ、話し出したらとまらない~。。。


JHA02.jpg

一緒に学んだ仲間。

涙あり・笑いあり(時に大泣き&大笑い)

シェアする深い深い体験から生まれる絆。


JHA.jpg

宮崎ますみ 師匠 先生と。

私、癒されまくった顔してません??





関連記事

Comment

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

クルーファー 美保

Author:クルーファー 美保
こんにちは!
ドイツにて栄養アドバイザーをしています。
~体の中では何が起こってるの?~
~では、どうやって自分の体と付き合っていけばいいの?~

自身の不調・疾病を通して、「病」「体」「心」を知るにはホリスティックな視点を持つ事が大切だと気付き、日々学んでいます。

Holistic Health Germany 取締役
Benedict Verum Japan 代表
ドイツParacelsus認定 ホリスティック栄養アドバイザー
米国催眠療法協会認定 ヒプノセラピスト
レイキプラクティショナー
ドイツ在住。二児の母。

最新記事

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Follow me!! Twitter

アクセス数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。