「健康」って何だろう? ~ドイツで栄養アドバイザー~

ドイツで栄養学を学んだ筆者が、ホリスティックな視点から、食事・健康・心の関係について考察していきます。

Archive [2011年10月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

ヒプノバース(催眠出産) -ヒプノバースとは?-

さてさて、今日からようやくヒプノバース(催眠出産)について書き進めていきたいと思います。(興味のある方は、その前に以前の記事「私が助産院を選んだ理由 その1&その2」および「助産院で産むということ」をお読みいただけたらうれしいです。)まず最初にもう一度、ヒプノバース(催眠出産)とは 一言でいうならば「催眠を使った、自然で穏やかな出産方法」つまり、”分娩中も自己催眠(およびパートナーの介助)で催眠状...

病院とこんなに違う-助産院で産むという事-in ドイツ

娘が生まれた助産院エコで自然派の人の多いここドイツでも病院以外の場所で産む人はわずか2%なのだそうです。助産院での出産は病院でのそれといろいろな部分が異なります。助産院には医師はいないためお産の手伝いをしてくれるのは助産婦さんのみです。・・・ということは陣痛促進剤などの点滴・投薬・麻酔などの選択肢はなくその他医療処置が必要になる場合には病院へ行く事になります。また、私の出産した助産院には分娩台もあ...

私が助産院を選んだ理由 -その2-

~「私が助産院を選んだ理由-その1-」からの続きです~投薬したものの、なかなか子宮口が開かないため、「あと1時間待っても子宮口が開かなかったら帝王切開します。」と告げられます。”えっ 帝王切開!?”すでに安定期に ある理由で開腹手術を受けていた私は、お腹を切る事の体への負担・術後の回復の大変さは身にしみていました。が、幸いな事に、1時間のタイムリミットぎりぎりに子宮口は開き、いよいよいきみのゴーサイ...

私が助産院を選んだ理由 -その1-

6月に ここドイツの助産院で出産しました。この ヒプノバース(催眠出産)を用いた穏やかなお産の体験を書く前に私が「助産院で出産する事を望んだ理由」についてお話させてもらいたいと思います。それは 一人目の出産での体験がきっかけとなったのでした。。。私が長男を妊娠したのは フランスでの事でした。フランスでは無痛分娩が一般的で、私たち夫婦もお医者さまに言われるがまま、無痛分娩でラッキーくらいの軽い気持ち...

ご案内

プロフィール

クルーファー 美保

Author:クルーファー 美保
こんにちは!
ドイツにて栄養アドバイザーをしています。
~体の中では何が起こってるの?~
~では、どうやって自分の体と付き合っていけばいいの?~

自身の不調・疾病を通して、「病」「体」「心」を知るにはホリスティックな視点を持つ事が大切だと気付き、日々学んでいます。

Holistic Health Germany 取締役
Benedict Verum Japan 代表
ドイツParacelsus認定 ホリスティック栄養アドバイザー
米国催眠療法協会認定 ヒプノセラピスト
レイキプラクティショナー
ドイツ在住。二児の母。

最新記事

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Follow me!! Twitter

アクセス数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。